かとう整形外科・リハビリテーション科|山口県宇部市

山口県宇部市で腰痛、首や関節の痛み、捻挫・骨折などでお悩みの方は、かとう整形外科・リハビリテーション科にご相談ください。

かとう整形外科・リハビリテーション科-外観

HOME ≫ 院長紹介 ≫

院長紹介

院長-加藤圭彦

院長あいさつ

平成27年11月に、宇部市黒石でかとう整形外科・リハビリテーション科を開院いたしました。
昭和63年に山口大学医学部を卒業し、山口大学医学部整形外科に入局いたしました。その後、山口大学医学部整形外科と関連病院に勤務し、骨折やスポーツなどによる外傷、首や腰などの脊椎、手の外科、肩や股・膝などの関節、骨・軟部腫瘍など、整形外科全般の診療に携わってまいりました。
平成14年から平成24年までの10年間は山口大学医学部附属病院に勤務し、脊椎・脊髄病を専門に診療させていただきました。県内外から多くの患者さんを紹介していただき、診断、検査、さまざまな保存的治療(手術をしない治療)、手術的治療など、大学病院でしか出来ない高度で専門的な診療に携わりました。
平成24年に山口大学医学部附属病院を退職したあとは、山口リハビリテーション病院、山口平成病院に勤務し、リハビリテーション医学を学び、回復期リハビリテーションに携わってまいりました。
回復期リハビリテーションとは、発病・手術後の急性期治療が終わった早期に、患者さんの社会復帰を目指して専門的・集中的にリハビリテーション治療を行うことです。回復期リハビリテーションに携わることで、手術などの急性期治療は患者さんにとって治療の終わりではなくスタートであると痛感し、また患者さんと関わっている多職種の病院スタッフとの連携の重要性を再認識させられる貴重な経験となりました。
回復期リハビリテーションを終えて退院される多くの患者さんから、「退院後に何かあったら、わたしはどこに相談に行けばよいのですか。」と尋ねられました。リハビリテーションを終えて退院する患者さんにとっても治療は終わっていないのだと感じ、また、困ったときや不安なときに安心して相談できるかかりつけ医の必要性を再認識いたしました。
体調不良を感じた時、「こんな時に自分はどこに行ったら良いのだろう。」といった不安を持ちながら、多くの方が生活されていると思います。
当クリニックは、整形外科・リハビリテーション科の専門的治療だけでなく、患者さんから安心して相談していただける「地域のかかりつけ医」を目指し努力してまいります。

 

かとう整形外科・リハビリテーション科
院長 加藤 圭彦

学歴

昭和54年 宇部市立西岐波中学校 卒業
昭和57年 山口県立宇部高等学校 卒業
昭和63年 山口大学医学部 卒業

経歴

昭和63年 山口大学医学部整形外科 入局
昭和63年 島根県立中央病院 整形外科
平成04年 山口労災病院 整形外科
平成06年 徳山中央病院 整形外科
平成08年 米国 イェール大学 整形外科
平成11年 南陽病院 整形外科
平成12年 新南陽市民病院 整形外科
平成17年 山口大学医学部附属病院 助手
平成22年 山口大学医学部附属病院 講師
平成24年 山口リハビリテーション病院 副院長
平成26年 山口平成病院
平成27年11月11日 かとう整形外科・リハビリテーション科開業

専門医等

  • 日本専門医機構認定 整形外科専門医
  • 日本専門医機構認定 リハビリテーション科専門医 
  • 日本整形外科学会  脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会  運動器リハビリテーション医
  • 日本脊椎脊髄病学会 評議員
  • 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
  • 日本体育協会    スポーツドクター
  • 日本障害者スポーツ協会 障害者スポーツ医

診療日程

診  療
午前 9:00~12:30
午後  2:30~  6:00

【診療日】月曜日から土曜日(水曜日、土曜日は午前中のみです)
【休診日】日曜日、祝・祭日

かとう整形外科・リハビリテーション科

【住所】 〒759-0206
山口県宇部市大字東須恵
1963番地

【電話番号】 0836-43-6900

【FAX番号】 0836-43-6901

【診療時間】 9:00~12:30
14:30~18:00

【休診日】 日曜・祝日

医院概要

サイドメニュー

モバイルサイト

かとう整形外科・リハビリテーション科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら